Photo : Magnum Photos/AFLO
FRANCE. Paris. June 13, 2020. Demonstration against racism and alleged police violence. The rally is organized in support of Adama Traoré, who died at 24, in 2016 during an arrest for identity check in the Paris suburbs by gendarmes.
Issue#01
Issue#01 ”Racism”
“Medeia1.0”が届ける写真に1人でも多くの人が立ち止まり、想像し、思いを馳せ、行動することで少しでも幸福な日常生活を送ることが出来る社会の実現を願っています。 第1弾となるIssue#1 “Racism” では、世界最高峰の写真家集団であるマグナム・フォトより代表的な3枚の写真を紹介します。

2020年6月、曇り空を背景に撮影された群衆の写真

曇り空を背景に撮影された群衆は性別も、年齢も、人種も多様なで覆面やマスクをした人々。「Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター)」のプラカードを掲げ、拳を天に向けて突き上げている。この写真は新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で広がっている最中の2020年6月13日、フランスのパリ東部に位置するレピュブリック(共和国)広場で撮影された。このデモは2016年7月19日にパリ北郊で、黒人男性アダマ・トラオレさんが警察に拘束され逮捕後まもなく死亡した事件に対して抗議であった。

「Black Lives Matter」とは黒人に対する警察の暴力に反対する運動のことを指す。2020年5月25日にミネアポリス近郊で、アフリカ系アメリカ人の黒人男性ジョージ・フロイドが警察官の不適切な拘束方法によって死亡させられた事件をきっかけに瞬く間にアメリカ全土で抗議活動「Justice for George」「I Can’t Breathe」、そして「Black Lives Matter」のフレーズとともに広がっていった。

その後世界各地にも広がっている。そこでは白人警察官による人種差別的な行動だけでなく、より根源的な奴隷問題までもが言及されるなど、世界の主要都市を中心に各地に残る根深い人種差別問題が注目を浴びることとなった。「Black Lives Matter」の言葉とともに過去の人種差別事件も再び注目を浴びている。

Issue#01
IR003
Online store
C L I C K C L I C K